アスリート

ドウグラスの神戸への移籍金や年俸は?戦力アップ間違いなしだが懸念材料も・・・

昨シーズンにJ1のエスパルスで大活躍したドウグラスの神戸への移籍が決定的になりました。

神戸はワールドクラスの大物ベテランを高額でチームに招くよりも、Jでの実績がある選手を獲得したほうがいいと思っているので、個人的に楽しみな加入です。

そこで気になるのがドウグラスの神戸への移籍金&年俸です。

いったいいくなのでしょうか?調査してみました!

スポンサードリンク

ドウグラスの神戸への移籍金はいくら?


ドウグラスに対して神戸はいくらの移籍金を支払ったのでしょうか?

2019シーズンまで在籍していたエスパルスとは、まだ契約を残していたので移籍金が発生しているのは間違いありません。

こちらは現在のところは、まだ明らかにされていませんので情報がわかり次第こちらのサイトに追記していきたいと思います。

スポンサードリンク

ドウグラスの神戸での年俸

神戸での年俸は2億円前後になると見られていますが、まだはっきりとしたことはわかっていません。

清水では年俸1億でしたので、神戸でしたらそれ以上支払う力が十分にありますから、いったいいくらなのか気になるところです。

個人的にはポドルスキよりも活躍が期待できると思いますし、Jリーグでの実績も十分にあります。

年齢的にベテランの域に入ってはいますが、3億くらいの年俸でも問題ないと感じています。なんせポドルスキに6億円でしたから。。。

スポンサードリンク

ドウグラスが神戸にとって戦力アップ間違いない理由

ドウグラスは2019シーズンも7試合連続ゴールを達成し、シーズンをとおして14ゴールをあげました。

サンフレッチェ時代も驚異的な活躍をしていたので、完全にJリーグのスタイルや雰囲気にも慣れています。

また最も期待されるのは攻撃的な部分でもありますが、ブラジル人には珍しく前から守備することもサボらない選手ですし、人間性も抜群といいます。

個人プレーに走ることなくチームプレーもしっかり行いますし、神戸は最強の補強をしたといってもいいのではないでしょうか?

ACLもあってシーズンとおして試合数も多くなってきます。

フル稼働は厳しいかもしれませんが、期待せずにはいられませんね。

ドウグラスに対する3つの懸念材料

最強の助っ人といってもいいドウグラスですが、懸念材料が2つあります。

2019シーズンの不整脈

2019シーズン前に不整脈がみつかりブラジルに一時帰国しています。

復帰後は再発しておらずチームの大黒柱として孤軍奮闘の大活躍でしたが、不整脈となるとデリケートな問題なので再発が怖いですね。

32歳という年齢の問題

32歳という年齢のドウグラス。

年齢的にベテランの域に達していて、能力低下の問題があります。

まだ2~3年ほどは活躍も見込めると思いますが。。。

若手や日本人選手が育たない

1番の懸念材料が若手や日本人選手が育たないことです。

現時点での神戸には戦力アップなのは間違いないと思いますが、年齢的に32歳でベテラン。

神戸は中心選手のイニエスタもベテランですし、他チームからバンバン選手をとってくる反面、若手が全く育ってきていません。

よくて古橋くらいですし、バルサ化を目指す神戸なら下部組織もしっかりと充実させて欲しいと思います。

チーム期待の青森山田出身の郷家も2018シーズンの出場時間1607分から、2019シーズンは545分に激減しています。

練習からも学ぶことは多いかもしれませんが、サッカー選手は試合に出てナンボと思っています。

将来の日本代表に選ばれるくらいの能力をもった選手だと思うので、こういった若手を伸ばしながらチームを強化していって欲しいと思うところです。

ドウグラスの神戸への移籍金や年俸は?まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドウグラスの移籍金は今のところ不明。

年俸は2億円前後になるものと思われます(はっきりとした情報がわかりしだい追記します)